更年期 子宮筋腫

更年期障害の貧血解消ガイド > 更年期貧血の原因 > 更年期の子宮筋腫は慢性貧血の引き金になる

更年期の子宮筋腫は慢性貧血の引き金になる

子宮筋腫は元々は良性の腫瘍で、大部分が子宮体部に現れるものです。

そのため子宮筋腫の症状がないまま検診で発見されることも多くあります。

子宮筋腫の原因は女性ホルモンの中でも、特にエストロゲンの大きく影響している
とされています。

子宮筋腫は基本的に悪性腫瘍ではありません。生命をおびやかすことはないので心配しないでください。

閉経すればエストロゲンがほとんど出ないわけですから、筋腫は次第に小さくなり、閉経後に発生することもありません。

更年期にあたる女性の場合は、筋腫の大きさの変化を定期的な検診・検査で経過観察しましょう。
例外的にですが、閉経後、更年期の時期に入って子宮筋腫が傾向が縮小であるにも関わらず、希に成長したり子宮肉腫になってしまうこともあります。

更年期だからといって完全には安心できるわけではないということです。

更年期の月経不順で過多月経となり、月経時の出血量が多く頻繁にナプキンを取り替えないと間に合わなかったり、レバーのような血の固まりが出たりします。

月経痛、月経期間の延長などもあります。

多量に子宮からの出血が長期間続く場合は慢性貧血の原因になります。
全身倦怠感などが起きることがあり、めまい・息切れ・動悸などの症状が現れます。

子宮筋腫の治療は、子宮筋腫の症状がみられず、筋腫自体の大きさがずっと変わらなければ
病院で定期的に検診をして経過を観察するのみで、基本的に特別な治療は行われない
ようです。

しかし、子宮筋腫が原因で出血が激しい場合、薬物療法での経過観察か手術の2つに大別されます。

 

 

 

 

関連記事

  1. 貧血が治ると更年期のめまいが軽くなる
  2. 更年期の症状と貧血の原因